どのように利用するのか?テント倉庫を初めて使う人が学習すべき内容まとめ

テント倉庫は土台の上に軽量金属フレームを設置して組み合わせてゆき、強度を持たせてその上にテント布を張り巡らせて形成させます。
屋根や外壁の一体構造化によって広く軽い建築物になり、スペース的には倉庫に最適です。
しかし構造的に内部に熱がこもりやすくなりますし、一般建築物よりも強度や耐久性に劣る結果になっております。
作業スペースと考えるのならば、居住性に欠けると言わざるを得ません。
作業スペースにするなら更にスペースを設けて、密閉して空調導入するのがおすすめです。

どのように利用するのか?テント倉庫を初めて使う人が学習すべき内容まとめ

テント倉庫は一般的な在来工法の建築物よりも工期が短く、ユニット型なのでワンストップで工事に入ることが可能です。
近年科学分野の発達により資材の耐久性も上昇しており、耐用年数が伸びたことで実用的な存在になりました。
学習しておきたいのがテント倉庫の特性であり、短納期で低コストですが断熱性が低く夏は暑く冬は寒い特徴です。
内部で作業を想定している場合には、空調などを工夫しておかないと熱中症などの危険があります。

テント倉庫の基本的な構造をチェック

物流コストの削減や土地の有効活用の一環として、低価格での導入が可能なテント倉庫の需要が伸びております。
土地の改良工事や土台を作ることなどに関する条件が、一般的な倉庫物件よりもハードルが低いことも導入実績を伸ばす背景になっているのです。
以前に比べて構造的な強度や耐久性が上昇したのは、科学的な素材開発やメーカー努力になります。
外壁にあたるテント膜は紫外線や風の影響を常に受け続けており、一般住宅の屋根外壁のように定期的なメンテナンスをしなければなりません。
特殊なセラミックやチタン加工がされており、表面の強度が上がっているものの耐用年数は10年から20年程度と言われております。
テント倉庫は基本的な構造を土台から伸びた、軽量金属フレームで外骨格を作りその上に布を付属させて形成させているのが特徴です。
短納期でコストを抑えられますが、いくつかの特性もありますので事前にメリットやデメリットを把握してからの導入がおすすめになります。

テント倉庫で実施されている暑さ対策

テント倉庫のデメリットの中には、真夏の暑さの問題をあげることができ、テント内は40度以上など高温になってしまう可能性があるので注意しなければ熱中症を引き起こしてしまいます。
テント倉庫で実施されている真夏の暑さ対策の内容は複数あり、まずは元々採用するシート生地を断熱仕様にすることは広範囲で行われています。
更にシートを2重に張る方法もあり、屋外からの熱を内部に入れない対策としては簡単な方法です。
次にベンチレーターを設置する方法もあり、このタイプの機種は強制排気ができる機種であれば暑さ対策には大きく役立ちます。
側面の部分に対して窓を設置する方法もあり、換気を良くすることで熱が籠ってしまう問題を解消できます。
テント倉庫の場合は大きなエアコンを設置することができませんが、代用品としてスポットクーラーを導入する方法もあり、購入すべき機種はキャスターが取り付けられており簡単に移動させることができる機種の利用も実施されています。

テント倉庫での管理が法律で許可されている物品

昨今、色んな現場で活躍をしているのがテント倉庫というものです。
いろんなサイズで構成をされており、用いる方のアイデア次第でいろんな使い方ができるものになっています。
たとえば建設現場であれば、重機を保管したりスタッフの休憩室にすることも可能です。
自衛隊では隊員たちの宿舎にもされていて、自由に組み立てが出来るのが魅力ポイントになります。
これからテント倉庫を設置したいという方もいらっしゃるでしょうが、簡単にこの倉庫内で管理が許されているものを見ていきます。
法律によって許可をされているものは、重機のほか植物・建材・可燃性でない寝具や家具などです。
テント倉庫は塩化ビニール製の生地で出来てり、耐火処理はなされていません。
建築基準法の法律では建物内で物品を保管するには屋外で限定をすると、必ず耐火対策をしなくてはいけないと明記をされています。
ただし、燃えないものは例外と記述をされているので、これに該当をするものです。

テント倉庫ならではのメリットを把握

一般的な建築物とは異なりテント倉庫は基本工程もシンプル、施工にかかる期間はそれだけ短いのもメリットです。
基礎工事をして鉄骨組立、そして生地張り工事という流れになります。
構造適合性判定なども必要とはしませんし、最短だと完成までの期間は2ヶ月ということもあるくらいです。
本建築をするタイプとは異なり、軽量な素材を使用していますし、構造自体もシンプルになっています。
施工をするにしても大人数を必要とはせず、少ない人数でできるため、人件費という面でも費用を抑えられるのも利点です。
構造自体実に合理的であり、基礎工事も少なくて済むことから、安い初期費用で済ませることができます。
敷地の中にはいびつな形状もありますが、あらゆる変形地であろうとも設置できるのがテント倉庫です。
長細い長方形でもいびつな形の敷地でも、柔軟に設置をすることができます。
内部が暗くなるのは困りますが、社交性が高い生地素材を新設時に選択すると、テント倉庫なら室内照明も必要がありません。

テント倉庫に関する情報サイト
テント倉庫の特性

テント倉庫は土台の上に軽量金属フレームを設置して組み合わせてゆき、強度を持たせてその上にテント布を張り巡らせて形成させます。屋根や外壁の一体構造化によって広く軽い建築物になり、スペース的には倉庫に最適です。 しかし構造的に内部に熱がこもりやすくなりますし、一般建築物よりも強度や耐久性に劣る結果になっております。作業スペースと考えるのならば、居住性に欠けると言わざるを得ません。作業スペースにするなら更にスペースを設けて、密閉して空調導入するのがおすすめです。

Search